インプラントなど鹿児島市での歯科治療は、豊富な実績の尾立歯科! 鹿児島アミュプラザからの1分 鹿児島市中央町2-53 KDMビル5階

尾立歯科医院
facebook
電話問合せ

尾立ブログ blog page

乳歯が抜けたその後は?

2010-11-02 (Tue) 18:43
こんにちは、尾立歯科医院の歯科衛生士の川原です。
朝晩、とは言わず日中もすっかり肌寒くなってきましたね。

前回、親知らずのことについて説明しましたが、今回は「乳歯が抜けたその後」についてお話ししたいと思います。

皆さんは、「乳歯」が抜けたらどうしていましたか?
私は両親から「上の歯が抜けたら地面、下の歯が抜けたら屋根に投げる」と教わりました。
何気なく調べてみると、新しい大人の歯がしっかり生えますようにとの願いが込められていたのですね。

それは世界各国共通の思いのようで、それぞれの「やりかた」が存在しましたので紹介したいと思います。

お隣韓国・中国を初めとしたアジア各国は、日本とほぼ同じ習慣でした。
もしかしたら、日本の習慣はお隣の国々から伝わってきたのかも知れませんね。

アメリカを含め欧米各国は、「抜けた歯を枕の下に入れて眠ると、寝ている間に妖精がやって来てコインやプレゼントを歯の代わりに置いて行く」のだそうです。

そして日本から遠く離れた、ナイジェリアでは面白い風習があるようです。
赤ちゃんに歯がはじめて生えたとき、それを一番最初に見つけた人が赤ちゃんにプレゼントを渡さなくてはいけないそうです。

それは、両親に限らず誰にでも適応され、そのプレゼントは「長持ちするもの・永続性のあるもの」ではならず、ナイジェリアでは「雌牛」・「羊」・「ニワトリ」などが送られるそうです。

また「歯が生えてきた!」と言ってしまうとその人は、通常の2倍のプレゼントを贈らなくてはいけないという決まりごとも存在するとか・・・。

それほど、「歯」というものは世界中で大事にされているのですね。

そして、これは治療に来られる患者さんたちが必ずといっていいほど口にされる言葉があります。
「歯ほど大事なものは無い」「もう少し歯を大事にすればよかった」と・・・
今からでも遅くはありません。
今一度自分の歯を見つめなおしてみてはいかがでしょう?
車に車検があるように、年に一度の健康診断があるように、お口の中の定期点検をしてみませんか?


インプラント
ホワイトニング-ホームホワイトニング/オフィスホワイトニング
審美歯科
無痛治療
咬み合せ治療
メールでのお問合せ
患者様へ
お子様をお持ちの方へ
駐車場について
スタッフ募集
インプラント・審美、ホワイトニングといった最新歯科治療を行ないます。
25年の豊富な経験と実績をもとに「美しい歯は素敵な笑顔を作る」治療に力を入れています。
また、3mixなどを使った、出来るだけ削らない・抜かない治療や、定期健診による予防歯科も行っています。
歯科に関するあらゆるご相談を受け付けております。
ブログカテゴリ
電話メール問合せ
ページ最上部へ
ローン
Copyright©尾立歯科医院  〒890-0053 鹿児島県鹿児島市中央町2-53 KDMビル5階 TEL:099-256-3927 FAX:099-250-1818