インプラントなど鹿児島市での歯科治療は、豊富な実績の尾立歯科! 鹿児島アミュプラザからの1分 鹿児島市中央町2-53 KDMビル5階

尾立歯科医院
facebook
電話問合せ

尾立ブログ blog page

虫歯に大敵!「糖分のとり方」について

2011-09-30 (Fri) 08:39

こんにちは、尾立歯科医院の衛生士 ワキノです。

 

朝晩 急に寒くなって来ましたね。

寒くなったので、今日は毛布を干したりして過ごしていました。

買い物に行っても、暖かい物にばかり目がいきます。

急激な温度差で体調を崩さない様気をつけてください。

 

今回は、『糖分のとり方』についてお話ししたいと思います。

糖分の中でも特に砂糖は、虫歯を作る細菌と結びつきやすく、分解されて虫歯の元になりますから取り過ぎには注意しましょう。

 

又、糖分を取るときには、口の中に残っている時間が問題になります。

たとえば1枚の板チョコを一度に食べた場合と、3回に分けた場合とでは、量は同じでも、口の中が糖分にさらされている時間は3回の方が長く、虫歯になる危険性は高くなります。

虫歯予防には、食べる回数に気を配る事も必要で、悪いのは"だたらだ食いです。

 

子供に甘い物を「全く食べさせていない」という方もいますが、私は小さいうちに、いろいろな味のおいしさを思えさせたいと思います。

"食べさせないでは無く"どう食べさせるかという工夫も虫歯予防びポイントです。もちろん食後には、ブラッシングなどで予防もお忘れなく。

 

今回は甘さ控えめ『歯に良いデザート』もご紹介します。

さつま芋のパインジュース煮です。

 

・材料(1人分)
さつま芋(1cm厚さ)5切れ、パイナップルジュース200ml、砂料大さじ2
・作り方
(1)さつま芋は水に10分程さらし、ラップに包いで電子レンジで3分程加熱します。
(2)ジュースと砂糖を耐熱容器に合わせて、さつま芋を加えます。
ラップをしてレンジで6分加熱。
(さつま芋を下茹でして、ジュースで煮てもOK!です)
食べるとパイナップルの香りがします。

 

食後にデザートがあると、何かホッとした気分になりますよね。

秋にはさつま芋やかぼちゃ、りんごなど野菜や果物を使って自然な甘みを生かした、噛みごたえのなるデザートはいかがでしょうか。

勿論、食後の歯磨きはお忘れなく(笑)

 
インプラント
ホワイトニング-ホームホワイトニング/オフィスホワイトニング
審美歯科
無痛治療
咬み合せ治療
メールでのお問合せ
患者様へ
お子様をお持ちの方へ
駐車場について
スタッフ募集
インプラント・審美、ホワイトニングといった最新歯科治療を行ないます。
25年の豊富な経験と実績をもとに「美しい歯は素敵な笑顔を作る」治療に力を入れています。
また、3mixなどを使った、出来るだけ削らない・抜かない治療や、定期健診による予防歯科も行っています。
歯科に関するあらゆるご相談を受け付けております。
ブログカテゴリ
電話メール問合せ
ページ最上部へ
ローン
Copyright©尾立歯科医院  〒890-0053 鹿児島県鹿児島市中央町2-53 KDMビル5階 TEL:099-256-3927 FAX:099-250-1818