インプラントなど鹿児島市での歯科治療は、豊富な実績の尾立歯科! 鹿児島アミュプラザからの1分 鹿児島市中央町2-53 KDMビル5階

尾立歯科医院
facebook
電話問合せ

尾立ブログ blog page

歯を失うと死亡率が上がる!?

2013-10-26 (Sat) 14:54
健康長寿とは健康寿命が長いことです。
平均寿命に加えて,近年は健康寿命という言葉がよく用いられるようになりました。
健康寿命にはさまざまな定義があります。
労働や家事,社会参加に支障がないことと,そして療養病棟や介護老人施設などの施設に入所していないことなどまとめて,日常的に介護を要しない,自立して生活を営める生存期間と理解されています。
長い生涯を健康な状態を維持したまま死を迎えられるのは理想ですが,晩年に不健康な状態を抱えることも少なくないと思われます。
少しでも健康寿命を延ばすということが重要な課題です。
そのためには要介護状態にならないことが大切です。

要介護状態となる三大原因は脳卒中と認知症,そして高齢による衰弱と言われ,この三つで全体の5割以上を占めます。
それを踏まえて老年医学的に克服すべき課題として挙げられているのが,ロコモティフシンドローム(運動器症候群)や骨粗鬆症,虚弱などの予防です。

要介護にならないために重要なこととして,低栄養の予防,口腔機能向上,そして筋力向上の三つが挙げられます。
口腔器のについて言うと,一般的に大人の歯の数は28本(親知らず除く),2011年の歯科疾患実態調査によると,20本以上の歯を持つ人の割合は,この20年間で増加傾向にあります。
20本以上の歯を持つ人の割合は,60歳までは女性が多く,60歳以降は男性のほうが多い傾向にありました。
80歳の歯の数は平均14本,80歳で20本以上という目標には届いていませんが,20本以上の方は全体の38%と推定されます。

さらに口と全身の健康について,歯を失うこととの関係を調べた結果,脳卒中に関しては失った歯の数が多いほど発症の危険性が高いことが分かりました。

日本人の亡くなる原因として3番目に多い肺炎でも,失った歯の数がゼロから9本の人たちと比べて,10〜19本を失った人は2.46倍,20本〜28本を失った人は2.37倍,死亡の危険性が高まるとの結果がでました。
日歯広報より
インプラント
ホワイトニング-ホームホワイトニング/オフィスホワイトニング
審美歯科
無痛治療
咬み合せ治療
メールでのお問合せ
患者様へ
お子様をお持ちの方へ
駐車場について
スタッフ募集
インプラント・審美、ホワイトニングといった最新歯科治療を行ないます。
25年の豊富な経験と実績をもとに「美しい歯は素敵な笑顔を作る」治療に力を入れています。
また、3mixなどを使った、出来るだけ削らない・抜かない治療や、定期健診による予防歯科も行っています。
歯科に関するあらゆるご相談を受け付けております。
ブログカテゴリ
電話メール問合せ
ページ最上部へ
ローン
Copyright©尾立歯科医院  〒890-0053 鹿児島県鹿児島市中央町2-53 KDMビル5階 TEL:099-256-3927 FAX:099-250-1818