インプラントなど鹿児島市での歯科治療は、豊富な実績の尾立歯科! 鹿児島アミュプラザからの1分 鹿児島市中央町2-53 KDMビル5階

尾立歯科医院
facebook
電話問合せ

尾立ブログ blog page

宇宙飛行士と虫歯の話

2016-01-27 (Wed) 21:40
こんにちは、歯科技工士の堀之口です。
冬の寒さが身に染みる季節ですが、冬の星座はとてもきれいです。
一年の中でも今の季節が星が一番きれいに見えます。
星といえば宇宙、今回は宇宙飛行士と虫歯の話をしたいと思います。

宇宙飛行士は、打ち上げの前に、外れそうになっている詰め物はないか、
飛行中に悪化しそうな歯はないか、歯科医師に健診を受けます。

宇宙空間で着る宇宙服の中は約0.3気圧に減圧されているそうです。

宇宙飛行士はこの減圧環境をして、宇宙船の中では宇宙服を脱ぎ
1気圧の中に戻る、ということを繰り返すのですが、もしもむし歯や不十分な医療の歯があると、ひどい歯痛が起こることがあるそうです。

スペースシャトル「エンデバー号」の日本人初の宇宙飛行士である毛利衛さんは、
「95年の選抜では、親不知(おやしらず)とむし歯の治療をしないままに2次選抜に臨んだため、
不合格通知の紙には、しっかりと『歯科治療の必要を認める』という一文があった。」話されています。

もしも、宇宙で歯が痛くなったら、まず痛み止めの薬を飲みます。
それでどうしても痛みを抑えることが出来ない場合には、フライトサージャン(医師)の指導の下、
他の宇宙飛行士が歯を抜く可能性があります。
無重力の状態で歯を削るような治療をしたら、水分や削った粉が飛び散って大変なことになりますし、
歯を削る装置がは現状では宇宙にありません。
国際宇宙ステーションの船長を務めた、宇宙飛行士の若田光一さんによれば「歯を抜く訓練は地上にて受けている」とのことです。
(『宇宙飛行』若田光一著より)

むし歯を予防することは誰にとっても大切な事ですが、将来、宇宙飛行士を目指す方は、特にしっかりケアをして
出来るだけむし歯を作らないように頑張りましょう。
インプラント
ホワイトニング-ホームホワイトニング/オフィスホワイトニング
審美歯科
無痛治療
咬み合せ治療
メールでのお問合せ
患者様へ
お子様をお持ちの方へ
駐車場について
スタッフ募集
インプラント・審美、ホワイトニングといった最新歯科治療を行ないます。
25年の豊富な経験と実績をもとに「美しい歯は素敵な笑顔を作る」治療に力を入れています。
また、3mixなどを使った、出来るだけ削らない・抜かない治療や、定期健診による予防歯科も行っています。
歯科に関するあらゆるご相談を受け付けております。
ブログカテゴリ
電話メール問合せ
ページ最上部へ
ローン
Copyright©尾立歯科医院  〒890-0053 鹿児島県鹿児島市中央町2-53 KDMビル5階 TEL:099-256-3927 FAX:099-250-1818