インプラントなど鹿児島市での歯科治療は、豊富な実績の尾立歯科! 鹿児島アミュプラザからの1分 鹿児島市中央町2-53 KDMビル5階

尾立歯科医院
facebook
電話問合せ

尾立ブログ blog page

入れ歯・今昔物語

2009-12-23 (Wed) 16:59

江戸の職人技

今日は私の仕事柄、入れ歯について昔のお話を書きたいと思います。

現在の入れ歯がプラスチックまたはプラスチック+金属で作られていることはよく知られていますが、江戸時代にはプラスチックがあるはずもなく、木材で作られていました。
気であれば何でもよいというわけではなかったらしく、黄楊(つげ)という木材が使われていたようです。

おそらく、加工しやすく、口の中ですから、湿気に強いということなのでしょう。

当時の歯科医から依頼を受けた木彫りの職人がまずまずの木製入れ歯を作ったことから仕事として認められるようになったらしいのですが、今のように型をとる材料も当然なく、患者さんの口の中に何度も出し入れしては、削っていたと思われます。
さぞかし苦労したことでしょう。

歯科技工士 原

インプラント
ホワイトニング-ホームホワイトニング/オフィスホワイトニング
審美歯科
無痛治療
咬み合せ治療
メールでのお問合せ
患者様へ
お子様をお持ちの方へ
駐車場について
スタッフ募集
インプラント・審美、ホワイトニングといった最新歯科治療を行ないます。
25年の豊富な経験と実績をもとに「美しい歯は素敵な笑顔を作る」治療に力を入れています。
また、3mixなどを使った、出来るだけ削らない・抜かない治療や、定期健診による予防歯科も行っています。
歯科に関するあらゆるご相談を受け付けております。
ブログカテゴリ
電話メール問合せ
ページ最上部へ
ローン
Copyright©尾立歯科医院  〒890-0053 鹿児島県鹿児島市中央町2-53 KDMビル5階 TEL:099-256-3927 FAX:099-250-1818